まずは消費者金融で審査するまえにシミュレーション

お金を融通してもらう方法としてカードローンがあります

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、消費者金融のキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

諸々の条件で消費者金融の方が銀行カードローンよりもデメリットを感じるかもしれませんが、消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

消費者金融のキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

消費者金融のキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額ということですが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

カードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされており成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

銀行以外に、消費者金融やクレジットカードでキャッシングするという方法があります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

金融機関はお金を融資し、その利子でもって利益を上げています。

銀行と消費者金融の金利を比較すると消費者金融の金利の方が高いことが多いと思います。

しかし、銀行カードローンの中には消費者金融よりも金利が高く設定されているものもあるため一概に消費者金融のほうが金利が高いとは言えません。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合インターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表にして比較しやすく表示してくれるサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

又、消費者金融の一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツなども紹介してくれていたりするので、是非積極的にご利用ください。

消費者金融業者の借入れ条件やデータ

ランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

人気が高い金融機関の評価ポイントは低金利で審査が早いといった理由があげられます。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもいずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金は当然利息をつけて返済しなければいけないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますのでウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップで怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようで成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

消費者金融のキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

しかし、カードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですから借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

ですから、カードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。