消費者金融でお借り入れする前に

2017年9月8日(金) 09:57

キャッシングや消費者金融というのは、金融業界の会社からちょっとだけお金を貸してもらうという借入をするという内容を示しているのです。

消費者金融のメリットとデメリット

常識的に考えたとしても借金をするのであればもし返済不能に陥ったことを考えて他の人に返済を求めたり、資産を売却したりします。ところがポイントとなるのが「消費者金融」という方法を選ぶと、家族などが保証人になったり、家を抵当に入れたりすることは必ずしも必要であるということではないのです。 自分が申し込んでいるという本人確認書類を提示したら、その情報だけで融資を受けることが出来るので便利です。

消費者金融の金利を下げよう

複数社で消費者金融の借入を行っている方や、現在組んでいる消費者金融会社の金利が高すぎるなと感じている方は、より低金利の消費者金融会社で借り換え即日振込してもらうといいでしょう。 金利が下がるということは返済総額が今よりも少なくできるのです。

消費者金融での複数の借り入れをおまとめ

また、数社の消費者金融会社で借入れしている方は、返済日が一月に数個あるのを借り換え即日振込でまとめれば、たった一日にすることが出来るので、いつも返済日に追われるようなこともなくなるでしょう。借り換え即日振込をしてくれる消費者金融会社なら、当日に気持ち良くローンを整理することができますね。

消費者金融でお金を借りるには?

最近、主流の方法で手間を掛けずにお金を借りてみてはいかがでしょうか?必要なのは本人確認書類です。 運転免許証などは、明瞭な写真があれば利用できます。スマホを使って証明書を撮影すれば簡単に申し込みできますので、自宅に居ながらにして申し込みができますし、必要になった時にすぐに融資が受けられます。 申し込みが簡単でも審査が厳しいことは全くありませんし、無事に審査を通過すれば融資を受け取る先を自分の口座にすることができるため、ますます気軽に利用できると思います。

利息制限法と出資法

昔から借りている人ならご存知だと思いますが、2010年までに段階的に法律が改正され、キャッシングや消費者金融の金利の上限値は以前より下がりました。 といっても、利息制限法では最大18%であるのに対し、登録を受けた業者なら出資法に基づき29.2%以下の金利での貸付が可能です。「普通免許では10人乗りまでだけど、大型免許なら30人以上乗せても良い」のと同じで、違法ではありません。

消費者金融には昔はグレーゾーン金利というのがありました

でも11%以上違うと支払額が全然違うでしょうね。 この差11%を指してグレーゾーンとはよく言ったものですね。近年は、CMなどで記憶している人も多いのではないでしょうか。 過払い請求とは、このような契約によって業者に払い過ぎた利息分を返金してもらうものです。 専門知識が必要なため、手続きは弁護士を通じて行われます。

キャッシングと消費者金融違いとは?

キャッシングと消費者金融はほとんど変わりませんが、ちょっとだけ違います。 どのような違いかというと返済方法が異なるのです。キャッシングならカードなどで現金を引き下ろしたり、商品を購入した後、翌月一括返済というパターンになりますが、消費者金融ですと、返済方法は分割になりますので、こちらですと金利がかかってしまいます。

コメントは受け付けていません。

«

»

カレンダー

2017年12月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

月別の投稿一覧

▲Pagetop