大手で安心の消費者金融の審査に基準

消費者金融審査のデメリット

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンにはそれぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

消費者金融のキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

また、消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利子を減らす有効な方法となります。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

消費者金融の借入れ条件やデータというものはネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表にして比較しやすく表示してくれるサイトもあります。

個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

金融機関で高評価を得る要素は金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるといずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

消費者金融審査遅延したら

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップでブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはランキングサイトを見れば一目瞭然です。

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

又、消費者金融の一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

簡単に借り入れができると言われる消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

カードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利子を減らす有効な方法となります。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想され悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。