今話題の消費者金融審査の基準って?

消費者金融審査と銀行カードローンの違い

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は乱暴な取り立ては法律違反となりますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

一方、銀行は銀行法なので総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外にも為替や証券取引など様々な商品を扱っています。

人気が高い金融機関の評価ポイントは金利が安い、審査が早いなどがあげられます。

しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるといずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

それよりも、手続きが分かりやすいということや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

消費者金融のキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

返済額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融借りるまでの日数

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行法とは異なります。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

そのため、専業主婦などは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を意識させない内容にして、消費者金融のイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのキャッシングなどがありますね。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で利益を上げています。

銀行の金利と消費者金融の金利を比較した場合、通常は銀行の金利の方が低く、消費者金融の金利の方が高いと言われています。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので一概に消費者金融のほうが金利が高いとは言えません。

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れると怖いというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行カードローンと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも格段に多いです。

そのため、借入れや返済もコンビニ等で簡単に手続きができますしATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性の利用者も増えています。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、消費者金融の提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、銀行と比較すると、消費者金融のキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですから急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップでブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。