昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなのでアコムやプロミスなど消費者金融業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようでノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

お金を借りる方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものとアコムやプロミスなど消費者金融のものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

そのため、消費者金融の方が銀行よりも不利と言えますが、消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

各アコムやプロミスなど消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンには両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制があります。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますのでウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

通常、消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高い場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

一方、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

金融機関で高評価を獲得している理由は低金利で審査が早いといった理由があげられます。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しては借り手の経済力が大きく関わってくるので、人気に関しては影響しないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

消費者金融のキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入したら、返送し審査結果を待つだけです。

無事に審査通ったら、本人確認証明書や口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合消費者金融のサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

金融機関とはお金を貸すことによって発生する利子で売上を確保して企業としての利益を上げています。

銀行と消費者金融の金利を比較すると消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので一概に消費者金融のほうが金利が高いとは言えません。

関連ページ