ニキビが出来る理由はホルモン?

ニキビが出来る理由は、ホルモン分泌が過剰なことだからと言われています。
主にニキビが出来るのです。
ニキビにならないようにするにはその一つが、これは、イキイキとした毎日の生活に繋がります。
生理が近いとニキビになる女性は少なくないと思います。
ニキビが出てしまう理由として、ホルモンのバランスが崩れ、肌が敏感になってしまうのと、生理の時期が来るとどうしても甘いものを飲んだり食べたりしたくなるので、ニキビが増えたりすることが起こってしまうのでしょう。
ニキビが炎症を起こしてしまうと、顔を洗おうとした時などにちょっと触っただけでも痛みがあります。
そのため、ニキビが炎症を起こしてしまったら、どれほど気になったとしても絶対に指で触らないでください。
触ると痛いというだけではなく、指から雑菌が入るために、もっと炎症がひどくなることがあります。
ニキビも立派な皮膚病です。
ニキビなんぞで皮膚科に診てもらうのも、と少し気が引けてしまいがちですが、皮膚科で診てもらうと早く回復しますし、ニキビ跡ができることは少ないです。
それに、自分で薬店などでニキビ薬を手に入れるよりも安く治せます。
ニキビを予防するのに気をつける事は、菌が住み着かない環境を生み出すことです。
ファンデーションのパフに汚れが付いたまま、枕を不潔にしている、手で直接肌に触るといったことは、顔に雑菌を塗っているのと同じなのです。
いつもに清潔にできるように注意を払いましょう。