ウォーターサーバーのRO水とは?

RO水とは、水以外の粒子を通さない特殊なRO膜というフィルターで濾過した水です。
水以外の物質はすべて濾過できるので、放射性物質、重金属、塩素、病原菌や雑菌など、すべての不純物を取り除いたピュアウォーターです。
ウォーターサーバーの水として提供されていますが、単純に水を濾過するだけなので水源は問いません。
従って、水があれば何処でも安価で製造できるため、天然水の半額程度の価格で販売されています。
最近では、RO膜を使った浄水システムが安価で提供されるようになり、家庭用のRO浄水器も販売されています。
又、大手スーパーのレジ付近には、RO給水器が設置されていて、専用容器を購入すると無料で、しかも半永久的にRO水が貰える店舗も増えてきています。
RO水がここまで手軽になると、ウォーターサーバーで購入する必要がなくなってしまいますね。